植物でいっぱいの暮らしをしよう!壁面緑化のメリットや適した植物とは?

壁面緑化のメリットと注意点

壁面緑化とは、壁に植物がある状態で、ツタなどで覆われていることです。外観をお洒落にすることもでき人気があります。メリットは、直射日光を防ぐことができ、家の温度を調節しやすいことです。壁にワイヤーなどを設置して植物を生やしているので、全体的に植物を張り巡らせることで、日光を防ぐことができます。また、紫外線から建物を守り劣化の防止にもなるようです。家の中の空調費の削減にもなり、夏は暑さを防ぎ、冬は乾燥を防いでくれるというメリットがあります。注意する点は、手入れをするのに手間やコストが掛かること、植物の重さに耐えられる強度の建物であること、害虫駆除などです。初期費用として、ワイヤーや植物など多くの費用が掛かります。また、害虫が出て他の人に迷惑をかけてしまってはいけません。害虫が出ないような対策をすることが必要です。壁面緑化にはコストが掛かるという注意点がありますが、温度の変化を緩和する効果があるため、ヒートアイランド現象対策をしているという理由で補助金がでる地区もあるので、確認してみるといいでしょう。

壁面緑化に適した植物の紹介!

壁面緑化に適した植物には、ゴーヤ、朝顔、ヘチマ、野菜類などがあります。ゴーヤは害虫が付きにくく、暑さに強く育てやすいことが特徴です。収穫すれば、食べることもでき適度な量の葉のため、暗くなりすぎることもありません。朝顔は、西洋朝顔がお勧めです。葉が良く繁ってくれるので壁面緑化に適していますが、ツルが伸びやすいため定期的な手入れが必要となります。他にも、ヘチマ、野菜類は収穫できるので、壁面緑化と共に楽しみながら育てることができるでしょう。

壁面緑化とは、つた植物などで建物の壁面を覆う事をいいます。暑さ寒さからの断熱効果があり、昔から行われている方法の一つです。